上場祝いの贈り物|法人向け胡蝶蘭

上場のお祝いに贈る胡蝶蘭の選び方

上場した企業へお祝いギフトとしては胡蝶蘭を贈ることが一般的です。
花言葉も縁起が良く、取引先企業の発展を祝う贈り物として最も一般的です。

上場祝いの相場について

株式上場のお祝い相場は、最低でも1万円、一般的には2万円程度が最も多い価格帯です。
送り主としては、贈り先との付き合いの程度で予算が変わりますが、大切な顧客の上場祝いへは3万円とするのがおすすめです。

胡蝶蘭は予算毎に注文可能ですが、見た目や大きさ、ボリュームは異なります。
花屋によって値段は異なりますので、発注する花屋の選定には注意が必要です。

有名な大手の花屋ほど価格設定が高い傾向にあります。
また、花のネットワーク(花キューピット)なども値段と品質にばらつきがあります。
花屋によっては同じ胡蝶蘭でも1万円以上も販売価格が違うことも少なくありません。

良い胡蝶蘭を安く買う方法

胡蝶蘭を適正価格で買う方法としては、産直仕入れの専門店を利用する方法があります。

産直販売の専門店であれば、市場から花屋までの中間マージンをカットしているので販売価格を抑えた胡蝶蘭の発注が可能です。

例えば、画像のような胡蝶蘭5本の一般的な価格は5万円程度ですが、産直専門店では3万円台で発注することが出来ます。

産直販売なので新鮮で品質も良く、届いてからより長く鑑賞できます。
お祝いの花は長く鑑賞できることも大切なポイントです。

他社の蘭と並んだとき、新鮮な胡蝶蘭は最も長く咲いていることになります。
他社の花が次々と枯れていく中、最後まで咲いていたという好印象を先方に印象付けることが出来ます。

自社の名前が付いた花が、他社の花よりも長く咲いていたことで、良いイメージを関連付けてくれることでしょう。

花以外の贈り物

花以外の贈り物として、お菓子やスイーツだと先方の嗜好に合わなかったり、場違いなものであったりする可能性があります。
受け取る側に喜んで貰うには好き嫌いが少ない花のギフトが一番だと思います。

また、生花なのでいつまでも残ることもありません。
手間がかからないという点でも先方に喜ばれるギフトになります。

上場祝いの熨斗について

お祝いの花にはラッピングの他に上場お祝いメッセージを『のし』代わりとして付けるのが慣例となっています。
上場の祝字は「上場御祝」や「祝上場」とするのがお勧めです。

先方の社名は入れても入れなくても失礼にはなりません。
熨斗の代わりなので送り主の名前だけを入れるのが一般的です。

配送のタイミングについて

胡蝶蘭の配送日時については、上場当日に配送されるのが望ましいです。
前もって予約しておくと配達日と時間帯を指定できます。
急に贈ることが決まった場合などは、当日発送にも対応していますので参考にして下さい。

自社での配達地域は、東京の23区内と大阪市内であれば注文日当日の配達も可能です。
翌日以降であれば全国配送にも対応しています。 

高額のお祝い花として有名な胡蝶蘭ですが、用途によってはなかなか手が出ません。
そのような場合に産直で品質がよく、値段も安い胡蝶蘭がいつでも購入可能です。


大事な取引先の上場祝いに贈る花は、花の中で最もハイグレードであり、縁起の良い花言葉がある胡蝶蘭です。
販売金額によって色や本数は変わりますが、産直販売している花屋の通販を利用することで簡単に安く贈ることができます。


>> 企業向けの胡蝶蘭一覧 <<